有限会社西山金属|肉盛り溶射の技術紹介

tel:048-933-9799 お問い合わせ

粉末式フレーム溶射 作業は、自動制御されており高効率で高品質な肉盛層を得ることができます。

粉末式フレーム溶射
特徴
  • 粉末式フレーム溶射は、熱源にアセチレンガスと酸素を用いて粉末材料を溶融、半溶融状態にし圧縮空気とともに高速で基材に衝突させて積層し、皮膜を形成します。
  • 冷間、熱間溶射があります。
熱間溶射

材料
  • 他の溶射法にはない再溶融処理(フュージング)を行うことにより、基材と合金層を形成し、無気孔で強密着の溶射皮膜を得ることができます。
  • 自溶性合金(Niベース、Coベース)、 WC合金等があります。
冷間溶射

材料
  • 基材温度200℃位までの入熱ですむため、歪みがほとんどでずに溶射が可能です。
  • Al、Alブロンズ、Ni-Cr合金、Mo、Cu、セラミック、亜鉛等があります。

熱間溶射について

熱間溶射
密着強度 1500~2000kg/㎠
素材 自溶合金粉末(合金+シリコン+ボロン)
ニッケルベース合金、コバルトベース合金、WC合金
目的 耐摩耗/耐食
気孔率 ほぼ0 (封孔処理なし)
施工要領
  1. 基材に溶射厚み分をアンダーカットします。
  2. 歪みがでますので加工代が必要です。
  3. 皮膜厚 0.3~1.5mm
  4. 加工法 切削/研削
使用用途 ポンプスリーブ、ミキサーシャフト、ミキシングス、クリュー、スラストカラー、等

冷間溶射について

冷間溶射
総合力 200~kg/㎠
素材 粉末合金、Al、Alブロンズ、Ni-Cr、Cu、セラミック、等
目的 耐摩耗/遮熱/耐食/等
気孔率 4~7% (封孔処理:耐食時必要)
施工要領
  1. 皮膜厚 約0.1~0.8mm
  2. 基材に溶射厚み分をアンダーカットします。
  3. 加工法 切削/研削
使用用途 ○○○、▶▶、□□等各種産業分野、装飾目的等広く利用されております。
アイディア次第で色々な目的に利用できます。

施工事例は製品ページに掲載中です! ステライトの材質・製品サンプル紹介